MENU

メタボメ茶の飲み方

メタボメ茶は味以前に、実利的な効果がなにより求められます。ダイエットが成功するか、飲み方は大きなポイントですが、一般的なティーバッグのお茶のいれ方を基準にアレンジするなどで、自分にとって二重の意味でおいしい方法を発見することが、ダイエットを長続きさせるコツになります。

 

気づけばお茶ばかり

 

メタボメ茶の基本的な飲み方は、ジュースやコーヒーを飲んでいたところを、お茶に置き換えるというものです。それだけでも、肥満の原因となるカロリー過多の大幅減につながります。
ダイエットは、テレビ、雑誌、ネットなどを媒体に、無数の方法が提案されていますが、摂取エネルギー量が消費エネルギーより少なくなるようにするのが鉄則です。食後のコーヒーならぬ、食後のメタボメ茶など、気づけばお茶ばかりの状態は、エネルギー消費の観点からいって、効果的な飲み方の実現形です。
こうした飲み方をみると、メタボメ茶は一種の置き換えダイエットに思えるでしょう。ダイエット効果がその場で実感できるわけではありませんが、リバウンドなどのリスクが心配無用なのはメリットにあげられます。
メタボメ茶をマイボトルにいれて持ち運ぶのも、賢い飲み方です。家庭でも職場でも、昼食タイムやティーブレイクに、よいアクセントになります。はた目には濃いウーロン茶を飲んでいるとしか見えないことでしょうが、じつはしっかりダイエット活動を続けているのです。

 

水の量や温度のことなど

 

メタボメ茶の飲み方で、知っておきたいポイントは、水の量や温度のことなどです。素材はティーバッグに入っているので、あとはいかにお湯や水に出していくかが問題になります。
メタボメ茶のティーバッグ1袋では、600?800ml出す飲み方が標準的です。1日にこれだけ飲むことをノルマにすれば、コーヒーやビールの量が自然と減る格好になるので、ダイエットへの集中度アップにつながります。
メタボメ茶は、濃いめにいれる飲み方がベターです。美容成分が十分に出るように、ウーロン茶よりも濃いくらいの色になるまでを目安に、ティーバッグを入れたままにしておくとよいでしょう。
メタボメ茶は、お湯で煮出す人が多いのですが、水出しでもOKなダイエット茶です。飲み方は、お湯出し・水出しの二刀流が可能ですが、熱湯ではカフェインが出すぎて苦味が増します。冷たすぎるお茶は体を冷やす原因になるので、こちらも要注意のポイントです。

 

飲み方にもときには変化をつける

 

メタボメ茶の効果的な飲み方は結局、長く続けることが一番ということです。飲む時間帯、お茶の温度、お茶の濃さなどを総合して、自分にとってベストな「型」が決まったら、あとは継続あるのみです。型が定まっている人でも、夏はアイス、冬はホットでなど、ときには変化をつけることは、お茶形式のダイエット習慣を長続きさせるモチベーションを高めます。

購入・詳細はこちらから

▼▼▼